ちたまるNavi

知多半島の「楽しい!」「おトク!」をお届けするまるごと情報サイト

  • twitter
  • facebook
  • Instagram

知多半島でキャンプがアツイ!?今から始める「アウトドア講座」

2022年08月30日 (火)

8月25日(木)に発行された最新号「ちたまるスタイル9月号」。
 
季節のトレンドNEWSをお届けする「STYLE PRESS」にて、知多半島で今アツイ“キャンプ”にまつわる記事を紹介しています。
 
知多半島では、最近キャンプやグランピング施設が続々とオープンしているのをご存知ですか。知多半島の南部のエリアは、海や山など自然が豊かで、知多半島道路を利用すれば名古屋からのアクセスも抜群!県外のキャンプマニアたちからも注目されています。


<併せて読みたい>
 
 
 
 
さて、今回は「キャンプはじめてさん」必見!
誌面でも少し紹介した、初心者さんに向けたキャンプの初歩的な知識やおすすめのギアやスポットを、LOGOSフラッグシップコーナーで伺った話を基に紹介します。
 


-----------------------------------------------

初心者必見!アウトドア講座

-------------------------------------------------

① キャンプに必要な持ち物

 
大きく分けると寝具、家具、火元、灯りが必要になります。
アウトドアメーカーの商品は安全&安心ですが、初心者の人は全て揃えようとせず、ひとまず代用できるものを家から持って行ったり、レンタルしたりするのがおすすめです。
 
<寝具>
★テント関連(テント・ペグ・ハンマーなど)
・シュラフ(寝袋)
・コット
 
<家具>
★チェア
★テーブル
 
<火元>
★BBQグリル、焚き火台
・火おこしアイテム
・薪
 
<灯り>
★ランタン
・懐中電灯、ヘッドライト
 
<その他>
・食材、飲み物
・調理器具
・クーラーボックス
・お皿、箸
・ゴミ袋
・洗剤、スポンジ
・キッチンペーパー、ウェットティッシュ
・タオル
・着替え
 
<季節によって必要>
・蚊取り線香、虫よけスプレー
・扇風機
・日焼け止め
・ストーブ
・カイロ
 
消耗品は家にあるものや、100円ショップなどでもOK。
テントやBBQコンロなど、必要だけど一式持っていない…という人は、LOGOSフラッグシップコーナーでレンタルもできます。
 
★マークがセットになった「簡単ファミリーキャンプセット」など、
詳しくはInstagram「ロゴスフラッグシップコーナー B-WASH東海長口店」にてチェック!
 

② あると便利なグッズ 

アウトドアメーカー各社から豊富に出揃うのが「調理器具」。
とりあえず持っておけば間違いないのが「LOGOS カラーメスキッド」です。
焼く・煮る・蒸すなどの様々な調理を楽しむことができるので料理の幅も広がります。また、フチに丸み加工が施されているので、お皿として使うことができるので洗い物も減らせる優れもの。調理器具らしからぬポップなデザインも人気の秘訣です。


③ 初心者におすすめの場所

※写真はイメージです
 
岐阜県の高山周辺や、長野県、富士山を望める静岡県などがキャンパーの間では人気。ただし、まずは近場で日帰り「デイキャンプ」をするのがおすすめです。気温や天候の状況も把握しやすく、土地勘があるため食材購入なども楽チン。
●東海市「聚楽園公園」
●東海市「大池公園(大窪公園)」
●常滑市「大曽公園キャンプ場」
●半田市「半田運動公園」    
など、知多半島にはデイキャンプやBBQ、キャンプやグランピングができる場所がたくさん。各施設のホームページなどで「広さはどれぐらいか」「炊事場やトイレはきれいか」「車の乗り入れができるか」など、自身の気になるポイントを見ながら選んでみましょう。
 
 
暑さも和らぎ、アウトドアにはうってつけのシーズン。
ぜひ、近場のキャンプ場へ出掛けてみてはいかがでしょうか。
 
 
<取材協力>
LOGOS FLAGSHIP CORNER B-WASH東海長口店
(ロゴス フラッグシップコーナー ビーウォッシュとうかいながぐちてん)
 
LOGOS商品(アパレルを除く)を取り扱う販売代理店。店頭のテント洗い場は、LOGOS以外のテントも自由に利用可能。キャンプ用品も洗えるコインランドリー、「馬刺専門店 馬肉小屋」も併設しています。
 
住所 東海市荒尾町長口17-1
電話 052-693-9300
営業時間 平日11:00~20:00
土日祝10:00~19:00
定休日 無休
駐車場 10台
Instagram logostoukainagaguchi」で検索

 

PAGE TOP