ちたまるNavi

知多半島の「楽しい!」「おトク!」をお届けするまるごと情報サイト

  • twitter
  • facebook
  • Instagram

常滑市で聖地巡礼「泣き猫」ロケ地まとめ~今だけ!プレゼント情報あり

2022年09月19日 (月)

2020年6月18日よりNetflixにて全世界配信された映画泣きたい私は猫をかぶる』が、9月18日(日)に地上波放送されました。あらすじはこちらから。

 

物語の舞台は常滑市

アニメーション制作会社スタジオコロリドが制作した、愛知県常滑市を舞台にしたアニメーション映画。
常滑駅からすぐの「やきもの散歩道」には、メインビジュアルにもなった「土管坂」や何度も登場する「登窯広場」があります。
この他にも、常滑市内のあらゆる景色のなかで物語は繰り広げられます。
 


物語を見たことがある人は、作品を思い出しながら常滑のまちを歩いてみましょう。
作品を見ていない人も、新たな魅力を探しに常滑市内を歩いてみてはいかがでしょうか。
 

ロケ地探訪するなら今!
「ちたまるNaviを見た」で特典GET

常滑市へ訪れたら、ぜひ「常滑市陶磁器会館」または「常滑市観光プラザ」へ立ち寄りましょう。
今なら、「ちたまるNavi見た」と伝えるとプレゼントが貰えるキャンペーンを実施中。
 
無くなり次第終了のため、早めにGETしてくださいね!


常滑市陶磁器会館

常滑市栄町3-8
☎0569-35-2033
9:00~17:00
年中無休(年末年始を除く)


常滑市観光プラザ

常滑市鯉江本町5-168-2
(名鉄常滑駅高架下)
☎0569-34-8888
9:00~17:30
年中無休(年末年始を除く)
https://www.tokoname-kankou.net/info/tourist/


 「泣き猫」ロケ地 おすすめ4選  

「泣きたい私は猫をかぶる」の作品で登場する、常滑市内のロケ地をご紹介。
作品を思い出しながら、ロケ地を巡っていきましょう。

❶散歩道Bコースいちき橋西(いちき橋付近)

ムゲが毎日通る、学校の通学路。頼子と別れるY字路。

登窯(常滑市栄町6-208)

土管坂(常滑市栄町4-120付近)

日之出の家から帰宅中の太郎に、猫店主がこのまま猫の姿でいることを誘うシーンで登場。

登窯広場(常滑市栄町6-145)

雨の祭りの日、太郎の姿で日之出と身を寄せ合って過ごした思い出の場所。

猫店主に猫になろうと誘われ、太郎が逃げるシーンで登場。



今回紹介した4件以外にも、その他多数「泣き猫」ロケ地ありますので、ぜひ巡ってみてください。

 
▼「泣きたい私は猫をかぶる」ロケ地探訪マップ

▼「泣きたい私は猫をかぶる」ロケ地マップ


▼常滑市観光スポット
 
 


泣き猫のオマージュ作品

「とこなめ観光協会」の常滑市の魅力を伝える観光PR動画で「泣き猫」でも登場した実際の風景を見ることができます。
監督・脚本は、「泣き猫」の監督を務めた常滑市出身・柴山智隆氏の実弟である映画監督の柴山健次氏です。

 
アニメ映画『泣きたい私は猫をかぶる』派生動画
常滑ショートムービー『泣きたいのに泣けない私


 
▼『泣きたい私は猫をかぶる』公式サイト
 

スタジオコロリド最新作が公開!


アニメーション制作会社スタジオコロリド最新作『雨を告げる漂流団地』が、9月16日(金)にNetflix全世界独占配信&全国ロードショーされました。

監督は、知多半島の美浜町出身・石田祐康監督。スタジオコロリドならではの親しみやすさと綺麗な描写、そして豪華声優陣にも注目です!


▼上映劇場などはこちらをチェック
https://www.chitamaru.jp/art/2538/ 

▼『雨を告げる漂流団地』公式サイト

PAGE TOP